熱発〜急病センターへ…


今日は散々な一日でした。
昼過ぎから急に寒気がして来て、真夏だというのにフリースを羽織って仕事。 辛くて辛くてかなわないのだけど代わりに仕事をしてくれる人がいる訳でもなく、ものすごい熱で頭がぼーっとした状態で20時過ぎまで仕事。 さすがに耐えきれなくなったのと、ある程度先が見えてきたので副部長に続きをお願いして早退(というのか?)するも、とても歩いて帰れる状態ではなくツレに迎えに来てもらう。
帰宅途中、一寸寄り道をすれば夜間急病センターに行けるので、直ぐ終わるだろうと高をくくって寄り道をしたのが運の尽き。 結局、大して混んでもいないのに解放されるまで3時間。 疲れ果ててしまいました。 この顛末はそのうち書くとして…
とにかく熱発に耐えて急病センターにたどり着いたときには38.4℃の熱。 感覚的にはもっとありそうな気がしたのだが、良く判らない体温計だったので正確かどうかも疑問。
約1時間半以上待たされて診察をしてもらい、それからまたしばらく待たされて坐薬と注射をした後、それからまた1時間休まされて熱を測ったところ37.7℃まで下がる。 体調も一寸だけ改善されたので薬をもらって帰ってきたときには日付が変わっていた。
そんなこんなの長〜い一日が終了。 まもなく眠りにつきます。 明日は仕事を休んで近所の内科へ…