2022年を振り返って


2022年も新型コロナが猛威を振るったものの政府がウィズコロナに舵を切った事もあり、それまでの自粛ムードは一服した一年でした。感染者数は全都道府県で過去最多を更新したにも関わらず、行動制限がありませんでした。そんな中、会社の方も某上場企業がやっている商材ネットワークからの離脱へ向け、独自に商材を集めた一年となりました。そんな一年の中から幾つか取り上げてみたいと思います。

  1. ライブ参戦が復活するも…
    今年は遠征NGが出たので札幌市内でのライブだけの参戦となりました。3月と7月のチャラン・ポ・ランタン、8月のHONEBONE、10月の和楽器バンド(初)と4件のライブに参戦しました。HONEBONEは2daysだったのですが諸々の事情により1日目だけの参戦となりましたが、小さなハコゆえの近さという事もあり非常に良い感じでした。和楽器バンドはツアー中にボーカルの鈴華ゆう子さんが倒れ、7人構成でのライブとなりましたが鈴華さんが欠けた分を全員でカバーして盛り上げていたのが印象的でした。ある意味、レアな構成とも言えますね。来年はもっと多くのアーティストが札幌でライブをやってくれる事を、そして声出しも出来るようになる事を期待したい所です。
  2. 会社の転換点
    先にも書きましたが、某上場企業の商材ネットワークからの離脱に向けて、独自に商材集めをしまして数社と代理店契約を結びました。某商材ネットワークでは正直な所「売るに値する商材がない」状態が続き、運営サイドにも一応進言はしたのですが改善する気が全く無いようでしたので離脱する事にしました。弊社は「真の中小企業のDXを進める」べく、動作検証も行い「使える」と判断したもののみ取り揃えました。もちろん、情報セキュリティに関する商材も揃えました。あと、情報セキュリティに関する配信をYouTubeLiveに移行し再出発したのも今年ですね。内容も情報セキュリティメールマガジンと連動する形にしました。一人でも多くの人に視聴頂き、中小企業のセキュリティに貢献できればと思っています。
  3. 新型コロナワクチン接種
    昨年に引き続き新型コロナワクチン接種を行いました。年末までに4回目接種を終えています。接種から6ヶ月後の抗体を検査してみた所、非常に高い抗体価を維持しているので6〜7ヶ月の間隔で接種しました。4回目はオミクロン株(BA.1)対応二価ワクチンを接種しています。国民の4人に1人が感染しているとのデータもあるようですが、幸いにして未だに一度も症状が出ていませんし、PCR検査・抗原検査を受けていません。
  4. こんな感じでしょうか。一年通してみると大きな出来事は無く落ち着いた一年であったという感じでした。来年は一気に上昇に転じたいと願っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です