2016年を振り返って


2016年もいろんな事がありました。総括すると原点回帰の一年って言う感じだった気がします。そんな一年の中から幾つか取り上げてみたいと思います。

  1. チャラン・ポ・ランタンのライブに三回参戦
    なんかね。フラグが立ったんですよ。よくわからないけど。んで、2月26日のバンドライブに初参戦。そこで、ものすごく心打たれたわけです。で、6月10日の二人ライブ、12月9日のバンドライブにも参戦したわけですわ。でもね。感動も徐々に薄くなっていくわけで、次のバンドライブは参戦するかどうか微妙だったりします。初参戦の時に感じた面白さは無くなったなぁと感じたので。
  2. 平野めらに初遠征に参戦
    6月26日に札幌に来てくれた平野めらにちゃん(旧名めらに)のライブに行ってきましたよ。「平野めらにの札幌ライブを見てきた」に書いた通りで、道内各地から集まったファンのみんなと盛り上がりました。ラス前なのにアンコールがあったりとかして、本当に応援してきて良かったなぁと感じた一日でした。サポートギターの山元全さんとは札幌ライブで解散したけれど、これからも音楽活動は続けていきたいとのことなので応援し続けようと思っています。
  3. 雇われ社長を退任
    いろいろね、疲れちゃったんですよ。自分の役割は全うしているのに周囲からは「仕事してない」とか言われるし、終いには「報酬貰ってるんじゃねぇよ!」とか罵倒されるし。ベンチャー企業って楽しくなければ仕事を続けられないわけです。そんな中で、微妙にギスギスした空気を感じてきたので辞めちゃいました。精神的にも疲れちゃったしね。辞めて良かったと思ってます。
  4. 11月末からバタバタと再始動
    雇われ社長を退任した後も精神的ダメージからの復帰は遠く、結局3ヶ月くらい休養。そして、再始動を始めたところで大至急案件が飛び込んできたりして、ホントにバタバタと再始動しました。再始動の第一弾として丁度2年前に開発がストップしていたプログラム作成案件(自社もの)を再開。再開にあたっては最近の技術トレンドを取り入れてみたりとかしています(後述)が、エンジニアとしての魂に火が点いたりしています。
  5. Pokémon Goで健康づくり
    もともと、2年前にIngressから始まった「街歩きしながらゲームで健康づくり」なんですが、今年の7月22日にリリースされたPokémon Goで拍車がかかった感じです。そのおかげで長らく6.9位で止まっていたHbA1cが6.5まで改善するし、300前後で止まっていた中性脂肪が200切るくらいまで改善したしで、いい事づくめです。「あんなの立ち止まってばかりで体力作りには役に立たない」とか言い放つ人もいますけど、事実は小説よりも奇なりですね。マッチョになるわけでなければ十分に効果ありです。体力も回復してきて、今年は5年ぶりに登山も再開しました。
  6. なんだかんだと新しいことに挑戦
    他社の役員に就任してからというもの、なんだかんだと振り回されて新しいことへの挑戦が足踏みしていたのですが、辞めてから時間ができたこともあり挑戦しています。年末になってバタバタとって感じですけど。とりあえず前述したプログラム作成再開にあたっては、DockerとSlackを導入してローカルでの検証やログの確認を即座にできるようにしました。今まではデータベースに格納していたログを、格納と同時にSlackにも飛ばすようにしたことで、スムーズにデバッグができるようになりました。あとは、AWS一辺倒だったCloudに関しては新たにMicrosoft Azureにも手を出しました。これは、Azure Functionsというサーバーレスアーキテクチャに手を出すためだったりします。AWSにもLambdaというのがあるのですが、得意な言語のPHPに対応していないためAzure Functionsに挑戦してみたという感じです。さすがにAzureだと情報が少ない上に、PHPだと殆ど情報がない中での挑戦だったので結構苦労しましたが、仕事納めまでになんとか形にできました。

こんな感じでしょうか。年末になってバタバタとしたけれど、終わり良ければすべて良しの例え通り良い一年で締めくくれたと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です