マイミクを初リムーブ


今日、マイミクを初めてリムーブした。
その方は、自分をミクシィに誘ってくれた人だったんですが、ここ1年くらい「マイミクであること」の意義が薄れてしまったのと、その方の日記について誤りを指摘すると無言で改竄することが多くなったので、あちらの方的にも「マイミクであること」の意義が薄れてしまったようですので、悩んだのですがリムーブしました。
チョット残念ですが、仕方ありません。
まぁ、ミクシィの方はマイミクの人数を特に気にしていませんので、バッサリとやっちゃいました。 こちらとしては、相手方が「もうちょっとコミュニケーションの取れる方」だと思っていたのですが、無言でやられちゃうとどうしようもないですし、改竄というのは自分が一番忌み嫌う行為なので、許せなかったというのもあります。 特に、先日のTwitterでのXSSの混乱に関しての記述では「全くの誤り」を記載していたので、それを指摘したのですが、無言で指摘通りに修正するという行為に出た、即ち「最初から正しいことを書いていたかのように見せた」のです。 これは流石に、50歳にもなろうという大人のやることではないので、暫く様子を見ていたのですが反省の色が全く見えないので切ることにしたわけです。
本当に残念ですが、さようなら某氏。
介護職になったら、嘘をつく人生を止めにした方が良いですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です