良く燃えた


一部全国ニュースになったので御存知の方もいらっしゃるかと思いますが、札幌市は7月1日より資源ゴミ以外の燃えるゴミ・燃えないゴミ収集が有料になります。 それに伴い、今週は駆け込みのゴミ投げが多くてゴミ収集は深夜までかかっているとか…
そんな中、一昨日・昨日とゴミ収集車で火災が発生する事件が多数発生しています。 原因はスプレー缶などに溜まっているガスに収集車で圧縮される際に発生する火花が引火するというもの。 これは、ハッキリ言ってマナー違反なのですが、ガス抜きをせずに投棄する事例が後を絶たないようです。 しかも、慌てて捨てるものだから余計に、その様なゴミが多数発生しているみたいです。
で、札幌市消防局のサイトで「どの住所に出動したか」を調べてみたところ、札幌市内でも比較的DQNが多く済んでいる地域への出動が多かったみたいです。 ぶっちゃけて言えば、比較的裕福な住民が住んでいるエリアは皆無で、そうでない住民が住んでいるエリアへ集中していたと言う事。 こんなところにも貧富の差が出るなんて「笑うに笑えない」現象ですが、事実は全てを物語っているのでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です