ノーテル破綻


通信機器大手のノーテル・ネットワークスが破産法の適用を申請して事実上破綻した。 某仙台の民放が新社屋建設の際にノーテルの機器で社内ネットワークを構成していたのだが、ぶっちゃけ「なんで今さらノーテルなの?」と思ったのだが、やはり今更感は自分だけが感じていたわけではないようであった。 同様の意見は、多数見られるようだ。
アジア圏の事業は対象外だそうだが、親亀が転ければ皆転けるの例え通り、いつまでも対象外だよ〜んとはいかないだろう。 まぁ、Chapter11ということなので会社自体が無くなるわけではないのだが、事業を継承してくれる会社が見つからなければ退場という事になるんだろうな。 そうなった時、機器を導入したユーザーに対する保守などはどうなるのだろうか?
他人事ながら、多少心配だったりして。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です