これは残念なニュース


『歌う電車』消えゆく運命 京急の136両、交代へ」(asahi.com)
京急は羽田空港アクセスに良く利用していたので歌う電車も何度も見た事があるのですが、あれってインバーターの出す音だと思っていたんですよね〜。 実は、音階を別につけているというのを知ったのは、比較的最近の事。 モーターの開発元であるシーメンス社の開発陣による遊び心らしいのだが、それが消えゆく運命にあるというニュース。
電子部品は製品寿命が短い事や外国製部品の調達難などから、同一形式の電車でも最近のものは国産部品を使用する事になり、部品の寿命から逆算して5〜10年で消えゆく運命にあるという話。 ある意味特徴的で面白い電車だったので、無くなるのは残念だが仕方のない事なんだろうねぇ。 つまんないけどねぇ。 今度は他の部分で遊び心のある電車を作って欲しいなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です