事故処理の件(その後)


何とか車の修理が上がってきて、保険屋さんから連絡があったのですが、何と!相手側は保険を使わずに自分でチョコチョコッと修理をしてしまったそうなのです。 いくら何でも、そんなのでは見栄えも悪いとは思うのですが、相手の車は古い国産車なので「それで十分」と判断したらしいです。 事故の当初から相手の発言は自己中心的だなぁと思っていたのですが、想像していたとおりで「自分さえ良ければ」という感じで処理をしたみたいです。
と言うことで、相手側が保険を使わなかったこともあり、相手側の保険会社である「東京海上日動」が過失割合に応じた負担を拒否しているそうなのですよ。 そこで、ウチの担当でもある「三井住友海上」が「東京海上日動」を相手に訴訟を起こすことになりました。 要するに、相手をこちらと同じ土俵に載せる(相手にも保険を使わせる)ために訴訟を起こすことになったそうです。
何となく事故当時の話し合いから胡散臭さを感じていたのですが、直感というものは当たるものですね。 だいたい、被害者を無視して「自損事故」として自分で修理をするなんて言語道断だとおもうんだよなぁ。 こちらの修理はホイール交換もあるから20万円コースだと思うんだけど… これだもの、車にカメラを積んで動画撮影しYouTubeに掲載しようと思うよなぁ。 「札幌77 ち 17-16」というナンバーの車には十分注意しましょうね。 車を当ててきておきながら責任を取ろうとしない奴ですから。
保険屋さんからの訴訟の話、相手のシゲ○ラ(千歳市在住)という奴が自己中心的で許せないので、諸手を挙げて賛成して委任状を提出することにしました。 裁判の結果がどうなるかについては、お楽しみと言ったところ。 絶対に保険を使わせてやるよ。 覚えておきな!事故を起こしておいて保険を使わずに済まそうなんて事が出来ない事を… 自分で訴訟を起こすならば、慰謝料まで請求したいくらいだ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です