Spacesが気になる


MacOSXは本当に便利な機能が多い。 特に現在重宝しているのはSpotlightとExposeの二つ。 これらは本当に重宝していて、特にExposeはなくてはならないものだ。 だから会社でWindowsを使っていると本当に不便で不便でしょうがない。
そんな中、WWDCで発表されたMacOSX10.5が大変気になる。 発売は来春と言うことで昨日のデモはなかったそうだが、アメリカのサイトに載っているムービーを見る限り、一番興味があるのはSpacesだ。 要するに仮想デスクトップなので、X-Windowを使っている人にとっては別に珍しくも何ともないとは思うのですが、何が凄いって仮想デスクトップを全て一同に表示させ、そのデスクトップ間でウィンドウの移動が出来るということ。 この機能は今すぐにでも欲しい。
Microsoftには是非、上辺だけではなくて実質が伴うマネっこをして欲しいものだ。 便利はものは是非真似して実装して欲しいと思います。 だって、今のWindowsは業務効率が落ちて落ちて仕方がないんだから… 会社的には結構な損失があると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です