決裂


平日の毎日がコンビニ弁当になってしまうのであれば、休みの日は手作りの美味しい料理を食べたいと思うのは至極当然だと思うのですが…
こんな、ささやかな願いも受け入れられることはありませんでした。
以前はちゃんと作ってくれていたのですよ。
平日も作ってくれていたのですよ。
どんなに遅く帰ってきても。
希にですが僕が作ることもありましたけどね。
でも、最近は本当に手抜き。
毎日がコンビニ弁当か週末の残り物。
週末は手作りだけど超手抜き料理。
旨いとか不味いとか、それ以前の問題。
先週なんて「ありえねぇ〜」と思うような晩飯で、頭に来て一緒に喰うのを拒絶しました。 だって、野菜適当に切っただけ、ちょっと火を通しただけで味付けも何もナシ。 てっきり付け合わせかと思ったらメインディッシュだったという、ぐうの音も出ないような晩飯。 冷蔵庫から多少の足しになるモノ引っ張り出して一人で食べましたよ。 ハッキリ言ってショックだったし、そこまで行ったら我慢の限界を超えている。
単に旨いモノ喰うなら、めちゃめちゃ金かかるけど外食すればいいだけの話。
そうじゃないって言っているのに、全く聞く耳を持たない。
自分は間違っていないの一点張り。
コレでは話し合いもクソもない。
病院の管理栄養士なのに食事の重要さを全く判っていない。
僕のイライラもピークですよ。 っていうか精神衛生上良くない。
これだったら一人で暮らしている方がマシですわ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です