PismoにTiger


ナンノコッチャというタイトルですが…
4月29日に発売になったMacOSX 10.4(これがTiger)を入れたという話です。 PowerMacG5ではファイルが次々消えていくというウワサもあった(元ネタは問題解決の上でのApple社との契約で抹消されたそうです)のですが、事実上もみ消された上にウワサに広がりが見えないところを見ると特定環境での話なのかと思ったり… とは言え、メインで使っているマシンをぶっ飛ばすわけにも行かないので、取り敢えずPowerBookG3(これがPismoだす)に入れてみたというわけです。
最近はすっかりマカーとなってしまい、会社で使っているWindowsマシンでも開いているウインドウを一時的によけようとF13(いろいろあって変えています)を押してしまう自分が怖い状況なのですが、これ以上便利になられると会社に行けなくなってしまいそうです。
まず触ってみたのがSpotLight。 これ、今までの検索ツールだと非常に遅かったりしたのですが、文字を入力している途中からどんどん絞り込まれていくので便利です。 Pismoでも十分使える速さですし…
次にDashboard。 これはパクリと言えばパクリなのでしょうが、Konfabulatorを試しに入れてみて挫折した者としては非常に興味がある機能です。 Widgetの作り次第なのでしょうが、標準で付いているものはサイズが大きめなモノが多くて常時表示を行うには狭い画面では厳しいです。 裏技で常時表示させているモノとしては天気だけなのですが、何もしなくても適宜変わっていくのは大変便利です。
徐々にアプリの対応も進んできているみたいなので、今月中にはPowerMacG5の方にも入れてしまいたいところです。 ちょうどディスク容量に空きがなくなってきている(ヨドバシ購入なので160GBだった)ので、手頃な値段になってきた250GBに換装して入れてみようかと思っています。


3 thoughts on “PismoにTiger

  1. pismo

    ありがとうございます。
    さっそく試してみます。
    っていうかDockから呼び出すのって変ですよね?
    使いにくいというか…
    取り敢えずF12で呼び出しています。

  2. MacでBlog

    OSX 10.4 – Pismoにインストール

    TigerをPowerBookG3/400にインストールしてみた。
    なんなくインストール完了で、サーバも無事稼働中[:ピース:]
    G3/400でも、サクサク動いてまっせ〜
    dashboardの表示は、ちと遅いですが[:ぐす:]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です